気をつけて

昨日は、天皇の御即位礼正殿の儀でお休みでしたが、いかがお過ごしでしたか?
雅子皇后様。お美しかったですね。

おすべらかしの髪の毛に、十二単のお召し物...
日本人女性の奥ゆかしい品位を感じましたよね。

今日はお天気ですね。
気持ちがいいです。

今日は、少し頭皮の汚れについてお話ししたいと思います。 
〈体内からの汚れ〉
1 皮脂
皮脂は、皮脂腺から分泌される脂で本来は髪に艶を与えたり汗と一緒に皮脂腺を形成、乾燥や外部刺激から保護する働きをするものですが、過度な皮脂はにおいの原因や常在菌の異常繁殖などの原因となります。  
2 汗
 汗の成分は99%は水で残りは塩化ナトリウム、尿素、乳酸など。脂膜を形成し頭皮を保護する大事な役割を果たしますが、長期間放置すると空気と触れることによって過酸化脂質に変わり頭皮にとって良くないものに変わります。
3 フケ
 頭皮の細胞がはがれ落ちたもので、元は頭皮の細胞。肌細胞は常にうまれ、表皮が徐々にはがれていきます。
健康な状態であれば、量も少ないです。強いストレスやホルモンバランスの乱れ、偏食による栄養のバランスが崩れ、頭皮が不衛生になって異常が生じて、量が多くなりフケとして感じてしまいます。
〈身体の外からの汚れ〉
1 頭髪用の化粧品
 ワックス系に含まれる油脂類、スタイリング剤に含まれるポリマーやシリコン類は、付着すると落ちにくく、他の汚れまでも付着しやすくなります。
2 煙草の煙
 煙にニコチン、タール、アンモニア、一酸化炭素含まれます。毛髪に付着するとベタついた感触や不快な臭いが残り、成分に含まれるアンモニアはアルカリ性のため弱酸性が正常な毛髪環境にとって悪条件となります。
3 排気ガス・大気汚染
 排気ガスに含まれるススが主に毛髪の原因となります。大気中に浮遊しているきわめて小さいもののホコリも髪の汚れで代表的なものです。風の強い日などは、土埃や砂埃で汚れが多くなります。

本当、毎日の日常生活にも色々なことを気をつけましょう。
今日も元気に楽しい一日にしましょうね。

お問い合わせは
こちら

CONTACT

実感お試し
発毛体験は
こちら

TRIAL