インナードライ・・・

寒くなってきましたよね。

最近、暖房とかで、頭皮がインナードライのお客様がとても多くなってきてます。

なかなか、頭皮がインナードライの状態ですと言っても、聞きなれない言葉なのでピンとくる方がとても少ないです。

今日は、頭皮のインナードライのことについてお話ししたいと思います。

インナードライとは、内側は乾燥してカサカサなのに、表面は脂っぽくテカテカしてしまう症状のことです。

これは、お肌にも起こる症状なのです。

いくらシャンプーでしっかり洗ってもベタつきが消えず、フケがでることが多いのです。

頭皮の表面の皮脂は内側部分が乾燥しているために、保護しようと分泌されている皮脂なのです。

そのため、いくらしっかりと皮脂を取り去っても、内側の乾燥を改善しないかぎり、どんどん皮脂が出るのです。

頭皮がインナードライを起こしているとき、頭皮を触ると指でつまめないほど、固くなっていたらインナードライのサインなんです。

また、シャンプーが泡立ちにくく、臭いやフケ、かゆみがあり、髪の毛がパサついたりしたら、インナードライの状態です。

頭皮を清潔に保たないといけないと思って、毛穴詰まりをなくそうと、必要以上に髪を洗ってはダメです。

頭皮をこすることもそうですが、使っているシャンプーもインナードライを起こす原因になることもあります。

強い洗浄成分を含んでいるシリコンシャンプーなどは、要注意です。

あなたのシャンプーは大丈夫ですか?

シャンプー前には、しっかりとブラッシングをして下さい。

ぬるま湯で軽く頭皮を良く洗ってください。

シャンプーを行うときは、指でマッサージするように優しく洗う。

すすぎ残しがないように柔らかい水流でしっかりとすすいで下さい。

 

これからの季節、本当に気をつけましょう。

では、今日も笑顔で過ごしましょう(^^♪

 

 

 

お問い合わせは
こちら

CONTACT

実感お試し
発毛体験は
こちら

TRIAL